治験のバイトを探す|社会貢献ができる仕事

レディー

未来に貢献する実験

聴診器

応募する際の意識

一時期てっとり早く稼げるバイトとして人気が出ていたのが「治験バイト」です。名前の通り試験的に薬や治療法を試すものです。勘違いされやすいのが、応募したらすぐに働けると考えている人がいることです。一般的にはかなり早い段階から募集するため、応募してから1ヶ月後、2ヶ月後となるのが普通です。大学生や定年退職した人など時間にわりと自由で私生活に影響がない人が向いています。なぜなら2週間の入院、1ヶ月のモニターなど一定期間のしばりがあるのが治験バイトだからです。当たり前ですが途中で万が一辞退してしまうと報酬は一部も貰う事は出来ません。お金目的よりも社会貢献の意識を持って挑むべきなのが「治験」の世界なのです。

テストにより判断される

治験バイトは一般的に薬品会社や政府、病院が絡んでおり、国内で開発された新薬や海外で開発された新薬などを「テスト」するものです。時間がかかるものや内容が多いものほど高額な支給がある特徴があります。ジェネリック医薬品などが代表的な例です。言い換えると人体実験とも言えますが、副作用で苦しんだりすることはありません。安全性を確認したものを世に出す前の「実験」なため、最低限のリスクさえ承認すれば良いのです。また募集する内容により適性があるのも特徴です。成人男性、30代など病気や薬の対象があるため、適した人でなければ受けることはできません。適性を見るだけの為に病院へ行かなければならなかったり、インタビューがあるものもあります。

臨床試験とは

医者

新薬が世に出るまでには企画、開発、臨床試験、国からの認可を経ることになりますので期間としては相当長い期間と費用を要することになります。この新薬開発に治験としてモニター登録すると高額なアルバイト費用を受け取ることができるのです。

読んでみよう

短期間で高額を稼ぐのなら

病院

数あるアルバイトの中でも非常に高額の報酬を楽に得やすいアルバイト、それが治験です。募集案件を探すにあたっては、治験の募集を専門的に扱っているインターネット上のサービスなどを上手く活用するといいでしょう。よりスムーズに案件を探すことが可能になります。

読んでみよう

ボランティアで謝礼を得る

ドクターと看護師

治験は手軽に高額な収入を得られるアルバイトです。しかし、一般的に治験はボランティアとして扱われていることが特徴です。治験に参加した場合は、事前に情報収集を行うことで快適な入院生活を送ることが出来るようになります。

読んでみよう